プロフィール

プロフィール画像
びわ法師
バリの事を深く知りたい方のために!

カレンダー

<<   2009年04月   >>
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近の記事

最新のトラックバック

  • (05/18 08:48)
  • (05/18 08:41)
  • (05/18 08:16)
  • rss 1.0

バリの夜遊びの相場!

置屋ってのは 「売春宿」のことですね

男性なら 道を歩いていたら

必ず「おんな おんな」とか「よしわら」とか

いろいろ言って来ます

案外 女性は知らないんですけど
*当たり前か・・・


最近は クタにもデリヘルが出来ていますが

今でも 主流は サヌールですね

安い 安い」 とか 「見る 見る」とか言って来ます
ホテルのスタッフなんかは
一時間が 50万ルピアって言いますね~
これって こんなもんかな~って思いますよね
そこで ・・・・・

料金の仕組みを説明します

サヌールでは 売春宿は

大きく分けると 「置屋」と「貸し部屋」ですね

置屋」は 女の子がいるけど 部屋の数より女性の数の方が多いのです

そこで 「貸し部屋業」が成り立ちます

置屋へ行って相手が決まって

そこに部屋が 無ければ貸し部屋へ移動します

置屋から貸し部屋へ行くときは 料金は部屋代込みです

しかし

この逆もあるのです

すなわち初めに貸し部屋へ連れて行かれるのです

貸し部屋には 女性が居ません

バイクに「けつ乗り」で出前が来ます

気に入れば それで良し

気に入らなければ 置屋へ連れて行ってくれます

そこで 相手が決まればまた その貸し部屋へ戻ります

この「逆の時」は 料金が高くなります

だいたい 

ホテルのスタッフやタクシーのドライバーはこれですね!



置屋へ直接行けば 1時間20万ルピア
*自分で 行く場合

貸し部屋なら 1時間30万ルピア
*自分で 行く場合

タクシーやホテルのスタッフに 連れていかれると
1時間40万ルピア~50万ルピア(彼らが コミシ=手数料を取る)

日本語ガイドが 一番ひどくて60万ルピア~70万ルピア
*客が 信用してるから言い値を払うためです

これは 旅行者やイネ人に聞いた大体の相場です
もちろん 状況で違いますよ!

たとえ 置屋へ直接行ったとしても
英語で交渉すると足元を見られて安くはなりません
英語を話す日本人は 素人と見られるからです
これには どうしてもイネ語が必要です!

でもガイドに誘われて見に行くだけでも面白いですよ
部屋に女の子が 座っていて 覗き窓から見るのです
最近は どこもきれいにしています

世界中からの旅行者が いっぱい見に来てます

ちなみに イネ人は5~6万ルピアだそうです


★ご注意
 売春行為は インドネシアにおいても違法 禁止行為です
 よく 皆さんから聞かれるので説明しただけで
 オススメしている訳ではありません



ソーシャルブックマーク
  • ツイートする
  • facebookでシェア
  • mixiチェック
  • はてなブックマークに登録
  • Deliciousに登録
  • Livedoorクリップに登録
  • Google Bookmarks に追加
  • Newsingに登録
  • Buzzurlに登録
  • Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
印は入力必須項目です。
※ログインしていると自動的に名前が挿入さます。
名前
URL
Mail
コメント
画像認証 :

表示されている数字を半角で入力してください。
 
トラックバックURL
  • トラックバックURL

  • 【トラックバックにつきまして 】
    トラベラーズメッセージ では、トラックバックにスパム対策を講じております。

    トラベラーズメッセージ の記事へトラックバックを送信する際には、トラックバック元の記事の本文中に、トラックバック送信先の記事の「ページURL」を記載してください。 「ページURL」が含まれていないトラックバックは受け付けできません。

    なお、一部のブログやサービスからのトラックバックは受け付けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

    詳しくはこちら